草花を身に纏う?森デコ誕生秘話!

大宴会で大人気のワークショップ、「森デコ体験」
今回は森デコ誕生秘話、そして大宴会でみなさんに楽しんでいただきたい!という想いを講師の嶋村俊光さんに伺いました。
ご一読ください!

「森デコ」との出会い

「トシさん、森のはこ舟アートプロジェクトのポスターに草花を身にまとった写真を撮るんですが、モデルをやってくれませんか?」
そんな電話が掛かってきて、平日で仕事だったのではじめは断ろうかと思ったけど、そんな写真、二度と撮る事もないよな~とモデルを引き受けたのが事のはじまり。

これをはじめたのは華道家の片桐功敦さん。
この時は活けてもらって面白い体験をさせてもらったと思っただけなのだけれど、友達の誕生日と婚約のお祝いで何かサプライズをと思った時に、みんなに草花を持ってきてもらい活けたら面白いんじゃないかとやってみた。
そしたらこれは面白いかも、と・・・。

その後県内で何度か片桐さんによるワークショップがありスタッフとして参加するようになり、個人的にやらせてもらいたいと対話を重ねてとりあえず暫定的に僕は気軽に誰でも楽しめるネーミングかと思い、「森デコ」という名前でやらせていただくことになりました!

時代性を感じるテーマ

本家はI am flower projectというネーミング。
西会津では草木をまとって山の神様という形で震災後の福島にて草花を通して新しい形のアートが生まれました。
『フラワーショーという映画があり、それはイギリスの有名なコンクールのお話しなのですが、そこでケルト文化的で夜想を使った庭園が優勝したりしていて時代性を感じるのです。』

高価な花でなくても、そこら辺に生えている雑草と呼ばれるものが、アートの力を借りて活けるだけで、やる人も活けてもらう人も周囲で見ている人もみんなハッピーになってしまうという、僕が個人的に得た体験をみんなで分かち合いたいという想いで活動しています。
大宴会という素敵なロケーションで森デコ体験、楽しんでみませんか!?

森デコ体験

TICKET

 

 

 

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL