ラインナップ

【大宴会ステージ】

吾妻光良トリオ+1

吾妻光良(Vo, Gtr) 牧裕(Bass)岡地曙裕(Drs)早崎詩生(Pf)

今をさかのぼること30年前からスウィンギン・バッパーズのリズム隊で、都内ライヴハウスで、地方興行で、中央線沿線の居酒屋で親睦を深めあってきたトリオ+1です。

吾妻光良 
1956年2月29日東京都新宿区に生まれる。
中学の頃、愛犬チャリー(メス)が餌を食べているのをみてギターを弾き始める。
大学在学中はロックのサークル、ロック・クライミングの部長をつとめる。
そのころ、妹尾Weeping Harp隆一氏のバックで初レコーディングを経験。
その後、永井隆&ブルーヘブン、ダーティー・ダズン、E-Changブラザーズなどを経て、1979年秋、スウィンギン・バッパーズを結成。

http://s-boppers.com/


奇妙礼太郎

「大根 ! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ! ~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。 弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。2013年、初の弾語り全国ツアーを実施、ライブ会場限定にて『HOLE IN ONE』をリリース。2013年、年末より天才バンドも始動。2014年10月には渋谷公会堂にて、トラベルスイング楽団を従え、ワンマンライブを成功に収める。2016年04月01日の味園ユニバースでのワンマンライブを以て奇妙礼太郎トラベルスイング楽団を解散。05月07日には上野恩賜公園野外ステージにて恒例の弾語りワンマンライブを実施。

天才バンド ウェブサイト http://tensaiband.com
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 ウェブサイト http://travelswing.jp/
奇妙礼太郎 ウェブサイト http://kimyoreitaro.com


トーテムロック(かせきさいだぁ&木暮晋也)

かせきさいだぁとヒックスヴィルのギター木暮晋也によるラップでロックなPOPユニット。
以前よりお互いの作品に参加し合うなどコラボレーションが多く、クラブ中心でのライブ活動を目標に結成。
2003年に「TOTEMROCK EP」リリース。かせき作詞&木暮作曲での楽曲提供は でんぱ組.inc「冬へと走りだすお!」「くちづけキボンヌ」、HALCALI「フワフワブランニュー」など。独創的な詞と美メロトラックはクラブから室内リスニングまで対応可。

http://kogureshinya.com/kogureshinya/TOTEMROCK.html


ハンバート ハンバート

1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂によるデュオ。2001年CDデビュー。フォーク、カントリー、アイリッシュ、日本の童謡などをルーツに、叙情的でユーモアあふれる音楽は、幅広い年齢層から支持を集める。海外の伝統音楽系ミュージシャンたちとの共演も多く、2011年にはスコットランド最大の音楽イベント「ケルティックコネクション」に出演。国内でも、佐藤良成がくるりのレコーディングメンバーやライブサポートメンバーを務めたほか、芥川賞を受賞したお笑い芸人・又吉直樹氏がファンであることを公言するなどクリエーターやアーティストからの評価も高い。映画「包帯クラブ」(堤幸彦監督)、映画「プール」・テレビ番組「2クール」(小林聡美・もたいまさこ出演)で劇中音楽や主題歌を担当し、「シャキーン!」「おかあさんといっしょ」などの子供番組、深夜アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」にも楽曲を提供。最近ではCMソング「アセロラ体操のうた」が話題に。現在はハウス食品グループ、ミサワホーム、リンナイのCMがオンエア中。2017年6月には、細野晴臣・長岡亮介らをゲストに迎えたアルバム「家族行進曲」が発売された。

http://www.humberthumbert.net/


bonobos

2001年8月結成。レゲェ、ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを飲み込みながらフォークへと向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団!2015年7月より蔡忠浩(V,G)小池龍平(G)田中裕司(Key)森本夏子(B)梅本浩亘(D)の5人体制になり、さらに精力的に活動中。2017年8月12日には6年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功に収める。最新作は2017年10月リリースの「FOLK CITY FOLK .ep」。

http://bonobos.jp


U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS

ラッパーとタブラ奏者による音楽グループ。
https://youtu.be/WM1RfwXESKk

・U-zhaan | ユザーン
タブラ奏者。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し『花』『影の無いヒト』など4枚のCDアルバムを発表、10年に同ユニットを脱退。14年にハナレグミ、坂本龍一、Corneliusらを招いたソロアルバム『Tabla Rock Mountain』を発表。
http://www.u-zhaan.com

・環ROY | Tamaki Roy
ラッパー。17年にCDアルバム『なぎ』を発表。その他、これまでに計5枚のソロアルバムを発表。国内外の様々な音楽祭に出演。ミュージックビデオ『ワンダフル』が第17回文化庁メディア芸術祭推薦作品へ入選。
http://www.tamakiroy.com

・鎮座DOPENESS | Chinza Dopeness
ラッパー。09年にCDアルバム『100%RAP』を発表。以降、ミニアルバム『T.U.B.E.』、フルアルバム『だいぶ気持ちいいね!』などを発表。国内外の様々な音楽祭に出演。客演でのコラボレーションも多数。
https://twitter.com/dopeness_time


【小宴会ステージ】

大竹涼華

高校3年生 17歳、風とロック芋煮会2016 ACO ONE GRAND-PRIX 優勝。
地元イベントや風とロックcaravan福島で活動中。昨年ファーストシングル「あなたへ」を発売。
自称、ひとりぼっち秀吉BANDの妹分。


タブラボンゴ福島

パーカッショニストASA-CHANG発明のボンゴのカタチでタブラの様な音を出す創作打楽器「タブラボンゴ」。そんな魅惑の打楽器タブラボンゴの演奏チーム「タブラボンゴ福島」です。

大宴会ではタブラボンゴ福島のプチライブと、皆さんに「タブラボンゴ」に触れて、叩いて、音を出していただく体験イベントを実施します。不思議な打楽器「タブラボンゴ」で楽しく遊ぼう!!


マダムギター長見順&岡地曙裕

マダムギターとは、あたくし長見順のこと。
ギタリストとして黒人ブルースマンのバックを務めながら数々のマダムソングを作っていた。
その理論を超越したギタープレイと、妄想を暴走させた歌詞が観客の絶賛を浴びる。
代表曲は、OYAZI、暴走族のボレロ、加藤さんのテーマ、しわよせの世界など。

2003年     セカンドアルバム『OYAZI』発表。
2004年     サードアルバム『マダムギター』発表。
2005年     P-Vineレコードより『超スローブルース』発売。
2006年     Live DVD『ライブ! 超スローブルース』発売。
2007年 03月  P-Vine第2弾アルバム『クーチークー』発売。
2008年 09月  P-Vine第3弾アルバム『GUITAR MADAM』発売。
2009年     2009TOUR マダム酒場の旅
2010年     幻の1stアルバム『大きい花』再発。酒場の旅続行中!
2010年 06月  ミニアルバム『Madam Guitar playsPiano Madam』発売
2012年 01月  KOCOラジ「酒場の酒場で酒場」放送開始 ※現在お休み中
2012年     アルバム『大きこの街にはパンツが必要だ〜フュ−チャリング千厩』発売
2012年 10月  マダムギターパンダ1stアルバム『新しい人』発売
2013年 12月  パンチの効いたオウケストラ『オウケストラ・オンナ・パンチ』発売
2017年 08月  アルバム『在庭坂』発売

http://www.madamguitar.com/

Scroll to top